Home • これ重要!ブライダルフェアで押さえておきたい3つの事

これ重要!ブライダルフェアで押さえておきたい3つの事

 - 

いつ頃行けばいいの?

ブライダルフェアに参加するのに、結婚式の何か月前と言った決まりはありませんので、いつ行っても問題ありません。ただしブライダルフェアでは、結婚式当日のような演出の体験が出来るため、ある程度結婚式のイメージがついて、二人にとって譲れないような条件を決めてから行く方が、話も進めやすくなり、プラスに働きます。どのような結婚式をしたいのか、招待人数は何人ぐらいか、料理はどのような物がいいのかなどといった具体的な事を考えておくといいでしょう。

見積書はあってないようなもの

ブライダルフェアでは、見積書を出してもらい、それに沿って話が進められていきます。しかし見積書はほとんどの場合、必要最低限の内容しか入っていません。最悪の場合、最低限となる項目も入っていないケースがありますので、しっかりと見極める必要があります。結婚式には二人の譲る事の出来ない条件などたくさんある方もいらっしゃいますが、要望が増えて行くと金額も上がっていきますので、見積書だけで判断してしまう事のないようにしましょう。

当日契約はしない方がいい

ブライダルフェアでは当然、見学者に気分を盛り上げるための演出もされているため、ここで結婚式を挙げたいと思う人も少なくありません。さらに担当になったプランナーから当日に申し込めば、特典が付いているなどといった嬉しい条件を提示される場合もあります。そのため複数のブライダルフェアに参加しようと考えている人でも、もうここでいいかと決めてしまう可能性もあります。しかしブライダルフェアは、必ず複数の所を見学した方が良いため、契約する前に一度考え直すようにしましょう。

ブライダルフェアを利用することで、結婚情報誌などで話題のある式場のサービスの内容をすぐに把握できます。