Home • 白無垢とウエディングドレス、着るならどっち?

白無垢とウエディングドレス、着るならどっち?

 - 

最近人気急上昇中の白無垢

白無垢とは、神前式に新婦が着用する白い着物の事で、頭に被る綿帽子には洋装のベールと同じように「花嫁の顔を新郎以外に見られないようにする」という意味が込められているのだとか。厳かで神聖な式にしたいのであれば、格式を重んじる白無垢をオススメします。また、最近では角隠しや綿帽子はせずに髪型だけ洋装で白無垢を着るという組み合わせもあります。カツラを被るのも重いですし、お色直しでは洋装に変更する場合でしたら、こういった方法もアリですよね。

でもやっぱり王道のウエディングドレスも捨てがたい

でもやっぱり、教会式で着るウエディングドレスも良いですよね。白無垢とは違ってシルエットラインもいくつかあり、自分の体型にあったものを選べますし、デザインもリボンやレースやフリルなど数多くあるのが魅力的で、自分の好みにあったものをとことん追求することができます。カジュアルな式をお望みであれば、やっぱりウエディングドレスではないでしょうか。和装がどうしても着たいのであれば、お色直しで可愛らしい色打掛や引き振袖を着るのも素敵ですよ。

でもやっぱりどっちも着たいんです!

「それでもどっちも着たい!」そんなお気持ちとてもよくわかります。そんな時は「前撮りでは白無垢、結婚式ではウエディングドレスと色打掛」というパターンや「結婚式では白無垢、お色直しでカラードレスにして二次会でウエディングドレス」といったパターンにするなどしても良いのではないでしょうか。結局、一番大切なのは自分の好みと感覚です。旦那さんやプランナーさん、ご両親に相談するなどして自分が一番着たいものを選ぶのが一番良いでしょう。自分の気に入った素敵な衣装で、素晴らしい結婚式をあげてくださいね。

ウェディングドレスは一生に一度の機会になるかもしれませんので、恋人や友人たちと、慎重に選びましょう。